株式会社MあんどK ハニー薬局

honeymk.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 04日

ハニー薬局 News 平成28年1月号

c0317767_1445169.jpg 新年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 元旦からとても暖かい年明けとなりました。お正月休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。今年も、息子と娘が着物を着て初詣に行きました。家族の健康をお願いしてきました。なんと言っても健康が第一です。健康で1年間過ごせますように。
 今年も、「愛と笑顔を届けるまごころのハニー薬局」の実現に向け、頑張っていきます。至らない点などありましたら、ご指導よろしくお願いいたします。ジェネリック品をご希望の場合は、ご相談ください。対応できる薬品を検討します。

★感染性胃腸炎
 冬場11月から2月に患者が増え、1月にピークを迎えるのが、季節性インフルエンザと感染性胃腸炎。
 感染性胃腸炎といわれてもピンとこない人には、「ノロウイルス」といえば分かっていただけるでしょう。ノロウイルスは日本における食中毒の原因ウイルスのNo.1。そのノロウイルスを原因とするのが「感染性胃腸炎」です。乳児から高齢者まで広く感染するものの、一般的には症状は軽く済みます。しかし、免疫力が低下している人や、慢性疾患を持っている人、高齢者、さらに乳幼児や小児では重症化し、ときには生死にかかわることもあります。その点は、インフルエンザと共通です。感染原因はノロウイルスのついた食品を口にする以外に、ヒトからヒト、また、嘔吐物から空中を浮遊しているノロウイルスを吸い込んで感染することも報告されています。ノロウイルスが口から入ると、1~2日の潜伏期間を経て発症します。症状は「吐き気」「嘔吐」「下痢」が基本ですが、中には「頭痛」「悪寒」「筋肉痛」「発熱」「咽頭痛」を伴うこともあります。

★治療は?
 治療は特効薬がないので、対症療法のみというのが現状。下痢止めはウイルスを体内にとどめることになるので服用してはいけません。嘔吐に対しては吐き気止め、嘔吐・下痢による脱水状態には経口輸液薬、経静脈輸液が中心に用いられています。
 感染する前に、ノロウイルスのシーズンには以下の対策を家庭でしっかり行いましょう。

(1) 二枚貝は生では食べない(85度以上で最低1分は加熱するとノロウイルスは死滅する)
(2) 手洗いの励行(帰宅時や食前には流水・せっけんによる手洗いを行う)
(3) 調理用品などの消毒(まな板、包丁、食器、ふきんなどは85度以上の熱湯で1分間加熱消毒)
(4) 嘔吐物のついた衣類、物品、床などは消毒。アルコール消毒は効果がないので、次亜塩素酸ナトリウム(濃度は200ppm以上)を使って消毒する。家庭用の塩素系漂白剤(原液に含まれる次亜塩素酸ナトリウムの濃度約5%)の場合は約200倍程度に薄める。
--------------------------------------------
★夜間休日対応のお知らせ
 当薬局は休日や夜間、特に緊急を要する薬の問い合わせ等があった場合に夜間対応を行なっております。
※但し、緊急時の対応となりますので、時間を頂いたり、十分な対応ができない場合もありますので、開局時間内の来局をお願い致します。
※お電話を頂きました際に、お名前、ご住所、電話番号、生年月日等確認させて頂きます。
休日対応電話…080-8894-1430
-----------
★お薬の飲み方で困っていることはありませんか?
・たくさんの薬が残ってしまって、どれを飲んだらいいかわからない→整理しに伺います。
・薬の種類が多すぎて、仕分けるのが大変→一包化して朝、昼、夕、寝る前で分けます。
・長い期間の薬をもらったので、置き場所に困る→薬局で一ヶ月分お渡しして、時期になったらお届けします。
・飲みやすい方法で、毎日忘れずに飲みたい→カレンダーなど提案します。

何でも相談してください。
自分にあった服用法を一緒に考えましょう。
-------------------------------------------------
■お電話・ファックスでのお問い合わせは下記番号までよろしくお願いいたします。
ハニー薬局 管理薬剤師 田澤 良子(たざわ りょうこ)
・〒300-0134 茨城県かすみがうら市深谷2817-4 (国道354沿い)
・TEL:029-893-2292
・FAX: 029-893-2293
・携帯番号:080-8894-1430
・メールアドレス:hani-mandk@orange.plala.or.jp
・お問い合わせのある方はお気軽にどうぞ!

■営業時間
7:30~18:00(月~金)
7:30~15:00(土)
※定休日:日曜日・12月30日~1月3日
[PR]

# by honey_mk | 2016-01-04 14:47 | ハニー薬局 News | Comments(0)
2015年 12月 01日

ハニー薬局 News 平成27年12月号

c0317767_821043.jpg 今年も残すところあと1か月になりました。振り返ると、今年もあっという間だったなあと思います。皆様に支えられながら、薬局をやっていけること、とてもうれしく思います。ありがとうございます。来年も、今年以上に、職員一同まごころを込めて対応していきますので、どうぞよろしくお願い致します。まだインフルエンザは流行っていませんが、手洗いうがいをして、ウィルスに負けないようお過ごしください。
 12月23日の天皇誕生日は開いています。年末年始のお休みは12月30日~1月3日となっております。何か困ったことがあれば携帯(080-8894-1430)に連絡いただければ対応いたします。

★足のつり(こむら返り)
 足のつりは、本人の意思に関わらず筋肉が突然痙攣することで起こり、筋肉が過度に収縮したまま硬直し、元に戻りにくくなる状態のことです。加齢や疲労、栄養不足などがきっかけで、筋肉やアキレス腱にある「腱紡錘(けんぼうすい)」が、筋肉の伸縮を上手く制御できなくなることが1つの要因と考えられています。
 また、糖尿病や椎間板ヘルニア、腎疾患、脳梗塞、下肢静脈瘤などの病気が原因で足がつるといった症状が見られることもあります。気になる症状を感じたら早めに医療機関を受診しましょう。
 足のつりを慢性化させないために、適度な運動・疲労回復・冷え対策・ミネラルを多めにとるバランスの良い食事・服装・入浴など自分に合った方法で予防していきましょう。内服薬もありますので、足のつりがひどいときには、お医者さんに相談してみましょう。

★足のつる原因と症状
☆運動:マラソンや水泳、サッカーやサイクリングなど、運動をしたときに筋肉を使うことで、体内のミネラルが急速に消費されます。筋肉が正しく働くために必要なエネルギーの補給が間に合わなくなり、筋肉疲労を起こしやすくなります。

☆加齢:睡眠中に足がつるといった症状は中高年の方に多く見られます。これは、加齢に伴う筋肉量の減少や血行不良、冷えや脱水傾向などの様々な要因が考えられています。

☆冷え:夏場の空調のきき過ぎ、冬場には急激な温度の低下により冷え性になりがちです。足元が冷え、血管が収縮することで血液の循環が悪くなり、冷えたことによる筋肉の緊張も加わり足がつりやすくなります。

☆脱水:長時間の運動による大量の発汗、消化不良による下痢、また、睡眠中にも約500mlの水分が失われることで、軽い脱水症状に陥ることもあります。ミネラルは汗や尿と一緒に排出されやすいので、自分でも気が付かないうちに体内のミネラルバランスが崩れている場合も多いです。
--------------------------------------------
★夜間休日対応のお知らせ
 当薬局は休日や夜間、特に緊急を要する薬の問い合わせ等があった場合に夜間対応を行なっております。
※但し、緊急時の対応となりますので、時間を頂いたり、十分な対応ができない場合もありますので、開局時間内の来局をお願い致します。
※お電話を頂きました際に、お名前、ご住所、電話番号、生年月日等確認させて頂きます。
休日対応電話…080-8894-1430
-----------
★お薬の飲み方で困っていることはありませんか?
・たくさんの薬が残ってしまって、どれを飲んだらいいかわからない→整理しに伺います。
・薬の種類が多すぎて、仕分けるのが大変→一包化して朝、昼、夕、寝る前で分けます。
・長い期間の薬をもらったので、置き場所に困る→薬局で一ヶ月分お渡しして、時期になったらお届けします。
・飲みやすい方法で、毎日忘れずに飲みたい→カレンダーなど提案します。

何でも相談してください。
自分にあった服用法を一緒に考えましょう。
-------------------------------------------------
■お電話・ファックスでのお問い合わせは下記番号までよろしくお願いいたします。
ハニー薬局 管理薬剤師 田澤 良子(たざわ りょうこ)
・〒300-0134 茨城県かすみがうら市深谷2817-4 (国道354沿い)
・TEL:029-893-2292
・FAX: 029-893-2293
・携帯番号:080-8894-1430
・メールアドレス:hani-mandk@orange.plala.or.jp
・お問い合わせのある方はお気軽にどうぞ!

■営業時間
7:30~18:00(月~金)※15:15からは在宅訪問の為、薬剤師が不在の場合もあります。
7:30~15:00(土)
※定休日:日・祝祭日・12月30日~1月3日
[PR]

# by honey_mk | 2015-12-01 08:04 | ハニー薬局 News | Comments(0)
2015年 11月 02日

ハニー薬局 News 平成27年11月号

c0317767_8125469.jpg 今年も残すところあと2か月になりました。1年間があっという間に過ぎていきますね。朝晩は寒くなり、昼間はぽかぽか天気が続いているので、体調管理が大変な季節になりました。風邪をひいた方・疲れが取れない方も多いのではないでしょうか?たくさん食べて、たくさん寝て、適度な運動をして季節の変わり目に負けない体を作ってくださいね。
 日立製作所土浦診療健診センタの祝日診療に伴い、ハニー薬局も3日(文化の日)・23日(勤労感謝の日)営業いたします。また、11月2日より15歳以下の患者さんの処方箋は院外処方となりますので、ぜひご利用ください。

★「サルコペニア肥満」
☆筋肉が減って脂肪が増える状態
 筋肉の量は20代がピークで、30代からは年齢とともに減少。80代になると、筋肉量は20代の60%前後にまで低下してしまいます。このような年齢にともなう筋肉の減少は「サルコペニア」といわれ、筋力の低下や身体能力の低下を招く一因として注目されています。ちなみに「サルコ」とはギリシャ語で筋肉のこと、「ペニア」とは喪失のことです。
 この「サルコペニア」と「肥満」をあわせ持つのが「サルコペニア肥満」。筋肉が減少して脂肪が増加した状態で、通常の肥満よりも高血圧や低体力になるリスクが高くなることから、“メタボより怖い”と言われています。
一見スリムな人でも外からではわからず、気づかないうちに進行しているのが「サルコペニア肥満」。特に女性の場合はもともと筋肉が少ないので「サルコペニア肥満」になる可能性が高くなります。

★サルコペニア肥満チェック!!
□家の中でつまずいたり、すべったりする。
□階段を上がるのがつらい。
□最近、ウエストが太くなった。
□最近、歩くのが遅くなった。
□最近、握力が弱くなった。
□イスからさっと立ち上がれない。
□タンパク質のおかずをあまり食べない。
□食べないダイエットを行ったことがある。
2つ以上当てはまったら病院で相談を。

☆下半身の筋肉を刺激する「スクワット」で予防
 サルコペニア肥満を防ぐには、筋肉を増やすことがポイントです。筋肉が増えると基礎代謝もアップするので、サルコペニアも肥満も同時に解消できます。

☆バランスよく食べ、筋肉の材料になる「たんぱく質」も忘れずに
 筋肉の材料になる肉や魚、卵、乳製品などのたんぱく質は忘れず摂取を。必要なたんぱく質の目安は「手のひら1枚分」といわれていますので、覚えておくとよいでしょう。
--------------------------------------------
★夜間休日対応のお知らせ
 当薬局は休日や夜間、特に緊急を要する薬の問い合わせ等があった場合に夜間対応を行なっております。
※但し、緊急時の対応となりますので、時間を頂いたり、十分な対応ができない場合もありますので、開局時間内の来局をお願い致します。
※お電話を頂きました際に、お名前、ご住所、電話番号、生年月日等確認させて頂きます。
休日対応電話…080-8894-1430
-----------
★お薬の飲み方で困っていることはありませんか?
・たくさんの薬が残ってしまって、どれを飲んだらいいかわからない→整理しに伺います。
・薬の種類が多すぎて、仕分けるのが大変→一包化して朝、昼、夕、寝る前で分けます。
・長い期間の薬をもらったので、置き場所に困る→薬局で一ヶ月分お渡しして、時期になったらお届けします。
・飲みやすい方法で、毎日忘れずに飲みたい→カレンダーなど提案します。

何でも相談してください。
自分にあった服用法を一緒に考えましょう。
-------------------------------------------------
■お電話・ファックスでのお問い合わせは下記番号までよろしくお願いいたします。
ハニー薬局 管理薬剤師 田澤 良子(たざわ りょうこ)
・〒300-0134 茨城県かすみがうら市深谷2817-4 (国道354沿い)
・TEL:029-893-2292
・FAX: 029-893-2293
・携帯番号:080-8894-1430
・メールアドレス:hani-mandk@orange.plala.or.jp
・お問い合わせのある方はお気軽にどうぞ!

■営業時間
7:30~18:00(月~金)※15:15からは在宅訪問の為、薬剤師が不在の場合もあります。
7:30~15:00(土)
※定休日:日・祝祭日・12月30日~1月3日
[PR]

# by honey_mk | 2015-11-02 08:16 | ハニー薬局 News | Comments(0)
2015年 10月 01日

ハニー薬局 News 平成27年10月号

c0317767_821337.jpg 10月になりました。10月は健康月間ということで、あちこちで、健康フェスティバルが行われることでしょう。土浦薬剤師会でも、土浦健康まつり(10/18)と阿見健康フェスティバル(10/25)にブースを設けます。興味のある方はぜひ参加してみてください。美味しいものが沢山収穫される季節になりました。食べ過ぎず、程よく食べると、食物繊維もたくさん取れて体にとてもいいんです。美味しい食べ方を見つけてくださいね。
 薬局の鈴虫さんは今年は卵を産んで亡くなりました。冬の間、適度な湿度を保って管理して、来年の春には小さな鈴虫に会えるといいなあと思っています。

★おならでわかるあなたの健康
☆腸内には善玉菌と悪玉菌が住んでいる
 私たちの長の中には、100種類、100兆個もの細菌が住んでいます。これを腸内細菌と呼びますが、善玉菌と悪玉菌とに大別することができます。
 赤ちゃんや健康な人のおなかには善玉菌が多いのですが、年齢と共に悪玉菌が増えますし、体調を崩したり、偏りのある食生活をしていると、悪玉菌が多くなります。悪玉菌はタンパク質を餌にしてそれを分解したときにアンモニア・アミン・硫化水素・メルカプタン・インドールなどの有害物質を作ります。これらの物質は、大腸ガンを発生させるほか、血液に入って全身をめぐり、いろいろな悪さをすると考えられています。

☆オナラでわかる腸の健康
 善玉菌は臭いオナラの臭いのある成分を全く作りません。ですから、ウナラやウンコに悪臭のある時は、悪玉菌が繁殖して、腸が不健康な状態であることを示しています。腸の健康のためには、野菜・果物・海草・キノコ・いも・豆などを食べて、食物繊維を十分に取り、便秘をしないことです。そして、肉類も取りすぎないようにしましょう。

☆大腸がんは腸の不健康が原因になる
 近年、我が国では大腸がんが増加の一途をたどっています。もともと大腸がんは日本に少なく欧米諸国に多かったのですが、その理由は肉食を中心にした食生活にあり、我が国も食事が欧米化して、大腸がんを増やす重要な原因になっています。肉類をたくさん食べるために、腸内の悪玉菌が増え、有害物質が沢山作られるためです。文明の進歩とともに、精製された食品をたくさん食べるようになり、食物繊維の取り方が少なくなりました。その結果、便秘をするようになり、有害物質が長く腸にとどまるため、大腸がんを発生しやすくなるのです。

☆腸の健康はいろいろな病気を左右する
 狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などが、我が国に増加している主な原因は肉類を多く食べるようになってきたことにあります。そのため、動物脂肪の摂取が増え、血液中のコレステロールが増加し、それが血管壁にたまって動脈硬化を進行させているのです。しかし、食物繊維を十分に取って、腸を健康に保てばこれらの生活習慣病もかなり予防できます。まず、食物繊維は十分なコレステロールをいっしょに排泄させる原田木があり、血液中のコレステロールを減らして動脈硬化の予防に役立ちます。また、食物繊維は善玉菌のえさになりますから、善玉菌を増やして悪玉菌を追っ払ってくれます。悪玉菌の作る有害物質も少なくなり、その害を予防できます。
--------------------------------------------
★夜間休日対応のお知らせ
 当薬局は休日や夜間、特に緊急を要する薬の問い合わせ等があった場合に夜間対応を行なっております。
※但し、緊急時の対応となりますので、時間を頂いたり、十分な対応ができない場合もありますので、開局時間内の来局をお願い致します。
※お電話を頂きました際に、お名前、ご住所、電話番号、生年月日等確認させて頂きます。
休日対応電話…080-8894-1430
-----------
★お薬の飲み方で困っていることはありませんか?
・たくさんの薬が残ってしまって、どれを飲んだらいいかわからない→整理しに伺います。
・薬の種類が多すぎて、仕分けるのが大変→一包化して朝、昼、夕、寝る前で分けます。
・長い期間の薬をもらったので、置き場所に困る→薬局で一ヶ月分お渡しして、時期になったらお届けします。
・飲みやすい方法で、毎日忘れずに飲みたい→カレンダーなど提案します。

何でも相談してください。
自分にあった服用法を一緒に考えましょう。
-------------------------------------------------
■お電話・ファックスでのお問い合わせは下記番号までよろしくお願いいたします。
ハニー薬局 管理薬剤師 田澤 良子(たざわ りょうこ)
・〒300-0134 茨城県かすみがうら市深谷2817-4 (国道354沿い)
・TEL:029-893-2292
・FAX: 029-893-2293
・携帯番号:080-8894-1430
・メールアドレス:hani-mandk@orange.plala.or.jp
・お問い合わせのある方はお気軽にどうぞ!

■営業時間
7:30~18:00(月~金)※15:15からは在宅訪問の為、薬剤師が不在の場合もあります。
7:30~15:00(土)
※定休日:日・祝祭日・12月30日~1月3日
[PR]

# by honey_mk | 2015-10-01 08:25 | ハニー薬局 News | Comments(0)
2015年 09月 01日

ハニー薬局 News 平成27年9月号

c0317767_8324870.jpg 暑かった夏から一転。8月下旬には10月上旬並みの涼しさになってしまい、のどの不調など体調を崩した方もいらっしゃったことでしょう。このまま冬になってしまっては困りますね。太陽が恋しい毎日です。食欲の秋になってきました。美味しいものがいろいろ出てきて、先日は新さんまを食べました。まだ、ピカピカに脂がのっているさんまではなかったですが、炭で焼いて美味しくいただきました。秋は運動会が多くお弁当作りに力が入ることでしょう。今月のレシピはお弁当にも使えそうですので、ぜひ参考にしてくださいね。

★冷えによる体調不良から身を守ろう!!
☆体調管理が難しい時期を乗り越えよう
冷え症は寒い時期の代表的な症状ですが、夏場では服装や食事が「冷え」に対して無防備になりがちで、低めの温度のエアコンや冷たい飲み物、食べ物などにより、体温の低下や血行不良を起こす人が多く見られます。
9月に入り、体には夏の疲れが溜まっているうえ、昼夜の気温変化も激しくなります。季節の変わり目には、しっかりとした体調管理をしないと「冷え」による思いがけない体調不良につながります。

☆生活の心得 

首、手、足から冷えるので、その部分の保温をしっかりとしましょう。
いつまでも夏用の寝具・パジャマは使わないように注意しましょう。
エアコンの使用は暑い日だけにして、設定温度も高めにしましょう(外気との温度差は5度以内に)。
ウオーキングやストレッチなど軽い運動を心がけましょう。


c0317767_8344854.jpg
<こんな症状があったら生活を見直そう>

★食事の心得
・栄養バランスのとれた食事をとりましょう。
・体を内側から温める食材をとりましょう。
・体を温める食材としては、ニンジン、カボチャ、ダイコン、カブなどの根菜類、ヤマイモ、サトイモ、サツマイモなどの芋類、シソ、ショウガ、ニンニク、ネギ、タマネギなどの薬味野菜があります。
・疲労回復力をアップさせるビタミンやミネラル、抗酸化物質、酵素、良質なたんぱく質が豊富な食材をとりましょう。これらは牛肉や豚肉に多く含まれています。

旬の食材~さつまいも~
★さつまいもの旬は9~12月。
収穫直後は甘みが少ない。貯蔵して、少し乾燥させた冬物は甘さを増し、人気がある。硬いヒゲ根があるものは、繊維が多いため避けたほうがよい。皮つきで使うときは、水にさらしてアク抜きをする。長く浸けると豊富なビタミンCまで流出してしまうため、浸け時間は3分程度でよい。

★さつまいもと鶏手羽中のレモンしょうゆ煮 材料(3人分)
・手羽中…8本
・さつまいも…200~300g
・サラダ油・砂糖…各大さじ1
・酒・みりん…各大さじ2

作り方
1.さつまいもは皮をむいて5~6cmの長さに切り、さらに縦に6等分に切り、水に5分ほどさらす。レモンは放射状に切る。
2.鍋にサラダ油を中火で熱し、手羽中を入れて焼き色を付ける。(1)のさつまいもの水けをふいて加えて炒め合わせる。
3.水1カップを入れて煮立ったら、砂糖・酒・みりん・しょうゆ・レモンを順に加えていく。
--------------------------------------------
★夜間休日対応のお知らせ
 当薬局は休日や夜間、特に緊急を要する薬の問い合わせ等があった場合に夜間対応を行なっております。
※但し、緊急時の対応となりますので、時間を頂いたり、十分な対応ができない場合もありますので、開局時間内の来局をお願い致します。
※お電話を頂きました際に、お名前、ご住所、電話番号、生年月日等確認させて頂きます。
休日対応電話…080-8894-1430
-----------
★お薬の飲み方で困っていることはありませんか?
・たくさんの薬が残ってしまって、どれを飲んだらいいかわからない→整理しに伺います。
・薬の種類が多すぎて、仕分けるのが大変→一包化して朝、昼、夕、寝る前で分けます。
・長い期間の薬をもらったので、置き場所に困る→薬局で一ヶ月分お渡しして、時期になったらお届けします。
・飲みやすい方法で、毎日忘れずに飲みたい→カレンダーなど提案します。

何でも相談してください。
自分にあった服用法を一緒に考えましょう。
-------------------------------------------------
■お電話・ファックスでのお問い合わせは下記番号までよろしくお願いいたします。
ハニー薬局 管理薬剤師 田澤 良子(たざわ りょうこ)
・〒300-0134 茨城県かすみがうら市深谷2817-4 (国道354沿い)
・TEL:029-893-2292
・FAX: 029-893-2293
・携帯番号:080-8894-1430
・メールアドレス:hani-mandk@orange.plala.or.jp
・お問い合わせのある方はお気軽にどうぞ!

■営業時間
7:30~18:00(月~金)※15:15からは在宅訪問の為、薬剤師が不在の場合もあります。
7:30~15:00(土)
※定休日:日・祝祭日・12月30日~1月3日
[PR]

# by honey_mk | 2015-09-01 00:01 | ハニー薬局 News | Comments(0)